タイ

テーメーカフェの料金相場や遊び方

テーメーカフェってどんなところ

テーメーカフェはバンコクにある出会い喫茶といわれているお店です。
テーメーカフェはカフェバーとして開店しているのですが、実体は出会喫茶いわゆる援交バーです。
テーメ―カフェ

店内にいる女の子はお持ち帰りできるので、値段交渉をして店外にお持ち帰りできます。夕方から、建物前の、歩道にも女性たちが立ちんぼで、並んでおり誘ってきます。
私も階段の上にある両外所のレートを見るふりをしていたら誘ってきました。
片言ですが、日本語で誘ってきました。

テーメ―カフェの外
店の入り口にいるのはレディーボーイ(男)が多いので注意してください。お店のルールで外国人以外は女性でないと入店できないシステムです。ですので店内に入れないレディーボーイが声をかけてきます。見かけ女性でも元男性で力強いので気を付けてください。

テーメーカフェ店内の様子

店内にはいると、真ん中何付近に円形のバーのような席と、それを囲むように周りとサイドと奥にテーブル席があります。女の子は左右の壁側に並んでおり、中央のカウンターで座って客待ちをしていたりしていました。

お客様の多くは日本人がで、その他がアジア系の外国人でたぶん中国だと思います。それから欧米人が大半でした。

店内では、店員がドリンクを飲むようにいわれます。ドリンクは50~100バーツ程度でゴーゴーバーと比較すると安い感じです。これ以外に店に払うお金はありませんでした。当然ですが、食事を頼んだり、する場合には別途料金が発生します。

テーメーカフェは暗い雰囲気ですが、肌の色や肌質はピンクネオンのゴーゴーバーよりもわかりやすかったです。センターのバーカウンターとサイドのソファー席には多数の女の子が待機していました。

ドリンクを飲みながら、店内を徘徊し、気に入った女の子に話しかけて、「こんにちは」と日本語で話しかけるよりも、タイ語で、「サワディカップ」、と言って声をかけ、あとは片言ですが、日本語も理解できる子が多いので話しやすいとおもいます。私は海外に住んでいたことがあるので、英語で話したのですが、英語を理解する女の子はっ少ないことが判りました。

テーメーカフェ料金相場について

私が話した感じですが、ショートコースで2000バーツ程度からロングコースで2回戦か朝までの値段は、4000から女の子によっては、強気で5000バーツと言ってきました。

ゴーゴーバーならば、ロングコース5000バーツは一般的な金額です。でもテーメーカフェを慣れた人は値下げ交渉します。ショートは難しいですがロングなら値引きは可能です。

まとめ

まとめますと、日本からバンコクまでは2018年2月現在成田~バンコクのエアアジア激安キャンペーン料金片道15000円からの激安料金でキャンペーンが始まっています。航空券にホテルもセットで安くなるので是非魅惑の国タイへ行って体験してください。